メモ

ファッションに・・・(普段使ってる言葉に言い換える)えー、着るものにいくらかけてますか?と9月最後の日に書いてみる。季節の変わり目で衣替えですけど秋・冬の服が店先に並ぶようになりネットでもページが変わり、ああどないしよとおろおろしてます。ってか夏前だとか春先もおろおろして何も買わず気付いたら暑くなってて着るものに困って結局去年着たものをそのまままた今年も着たわけですけれど、どーもダメです。なにがダメかというと、年が変わった気がしないのですわ。通行人も町並みを彩る風景の一部と考えて見てみると毎年なにかしら変化があり流行ってものがあり目を楽しませてもろてるわけなんですけど、ふと自分を見てみると流行なんかどこ吹く風、シルエットも体型も見た目も変わらずクラシック。だけどクラシックと言うには程遠い。10年前のかっこしてるのならビンテージとか言い様があるけどもそうじゃない。っと凹むからこの辺にしとこ。
さー今年はどないなかっこしよかな?と服の本読んだりネット見て回ったりするの楽しいっすよね。もう「お金がない」といういい訳はヤメにして服買えよ私。山に行くような服しか買えないならそれを街着にするのもいいし、スーツと部屋着のジャージしかないならそれでもかまへんけれど、春夏秋冬とおして変わらないジーンズ、春と秋でかわらないシャツってのはやめようよ、と思う。オンとオフ、気合入れる時と入れない時、季節感ってものをちょっと考慮に入れた柄や色、変化はつけようよ、と思う。自分のセンスを信じろとは言わない、だってセンスよくねーから。って書いててちょっと凹む。
とりあえず、服買っても置くとこねーとかあわねーとかお金がねーとか言わねーで服買わねーとワクワクせーへん。いや別に服でなくてもえーのですが(パソコンだとか車だとかバイクだとか)、これイイと思った服着て外出るのを想像するとちょっと楽しそうじゃないっすか。
しかし、これイイって思う服って高ぇーなw