メモ

バイクに3時間で150キロほど。もっと排気量がでかくなればもっと遠くへ行けるんやろな、と夢想。
さて、
WIRED VISIONの(1)

状況の力はときとしてきわめて強大となり、感情移入、利他主義、道徳性が機能しなくなり、普通の人どころか善良な人までもが悪に手を染めてしまうということが起こります。その状況下でのみ、起きるのです。

さらに、
特捜戦車隊ドミニオン Vol.1 [DVD]
上記のリンクはDVDだけど漫画版の後書きから

こーゆう世界じゃ扇動政治家や宗教家(狂信者も含)が人々の上にたち混乱を増す。破壊主義的な快楽志向や短期決戦型の人間が増え治安も悪くなる

そして、
WIRED VISIONの(2)

いつの時代も英雄は、英雄的に振る舞うべき決定的な瞬間に、群衆から離れて異なったことをするのです。しかし、英雄的行為にはリスクがついてまわります。内部告発者は、解雇されたり、昇進をふいにしたり、つまはじきにされたりします。英雄は、そんなことは問題ではない、と言わなければなりません。

ある状況を共有する集団において、その集団が形成する社会の流れから逸脱する者(逸脱しようとする者)をその集団は『英雄』と認識するだろうか?

個々が「自分は英雄だ」と考えて、他の人やなんらかの原則のために行動する適切な状況がやってくることを待つことも重要ですが、それだけではなく、「ともに英雄的行為に加わってくれるよう、ほかの人たちにも影響を与えるスキルを学ぼう」としてくれることを、私は奨励しようとしているのです。

なるほど。