メモ

新聞社より販売所が先に逝きます。
勝手に引用で申し訳ないです、と始めに。
この話し、そっくりそのまま郵便配達にも当てはまるんですよね。新聞の部数減少がまったく止まらないってのは郵便物数の減少と同じでまったく止まらないようですね。また、新聞では広告が多く読みにくいってのも、広告郵便ってかダイレクトメールばっかで郵便受け箱をあまり頻繁に見ない人ってのが多いんじゃないでしょうか。んでもって、新聞社本体が顧客満足度まったく向き合ってないのでは?ってのもそうで、郵便本体も顧客満足度に向き合ってないのでは?と考えてしまいます。郵便は誰のためにあるのかよくわからないですね。
しかし、彼らはきっとこう言う「まず売り上げを上げろ」と。新聞の紙面を変えることも、記事を変えることも、販売所の待遇を変えることも、まずは売り上げをあげてから考えるときっと言う。あらゆる諸問題を先延ばしにして、きっと彼らはこう言う「まず売り上げを上げろ」と。