メモ

ジェイムズ・エルロイの本「ホワイトジャズ」の読んだ印象があまりにもよく、またエルロイの本読みたいなぁと本屋さんに行く。エルロイの著作は文芸文春から訳されてでてるんで海外作家コーナーに行き探す・・・が、ない。二店舗目のわりと文芸に比較的強いとこに行く探す・・・が、ない。では注文するかと店員さんに頼んでみると私の欲しいアンダーワールドU.S.A.シリーズ第1部の「アメリカン・タブロイド」上・下巻の文庫本はもう在庫なしで重版の予定もなく取り寄せもできませんとの事。それじゃと近くの中古本屋(ブックオフ)にて探してみると下巻だけ400円で置いてある・・・。買わずに帰りネットで検索、某オークションにて発見→入札。落札できるかな?
色々考えちゃいますね。本の保存保管はこの厳しい世相の中どこが担ってくのか。どこそこに行けば十中八九あるはずっていう期待をかけれるとこは地方ではどこになるのか。ま、売り出された当時に買っておかなかったのが悪いんかなと。