メモ

注文かけたフロントフォーク部品(ダストシール・オイルシール・アッパー&ロアブッシュ)のうちダストシールは欠品中で在庫にあるものだけ先に送ってもらうことに。他にもボルトやワッシャーやOリング等についても電話で問い合わせた結果、
・そういった部品はグッチでとるより国産のもので代用するのがよい
・フォークトップにあるアジャスターの部品は廃盤
他にもアドバイスとしてフォークトップのOリングとフォーク底面のドレンボルトのガスケット(アルミ製)はしっかりとした組み付けを行うのがよいとの事、1100sportのフォークオイル漏れはフォークトップか底面からが多いそうです。さて、ボルト・ワッシャー・Oリング、使用できる代用品を探すのが次のミッションですね。インナーチューブは再めっきにだしました。
・・・注文して先に送ってもらえるフロントフォーク部品(オイルシールとブッシュ)だけで20k超えで、それに加えてエアクリーナーフィルターとクラッチレバーも注文したんで合わせて30k。インナーチューブの再めっきが1本27kくらい。もしWPのプロラインスプリングが取り寄せできたとしたら大台に乗りますね。
○追記1:再めっきしたインナーチューブ注意点を引用

クロムめっきの表面には、目に見えない微細なクラックがあり、そのクラックが、母材に達した時錆が発生し始めます。しかし、逆にそこに油分を保持しつづけることができます。硬質クロムめっきが施工された部位を錆させないためには、常時、少量の油分補給を行うことが必要です。

私のインナーチューブに施される再めっきに引用のような注意が必要なのかわかりません。しかし、今は再めっきが何かすらよくわかってない状態で恥ずかしい限りですわ、少しネットサーフィンしてみるとなんかすごそうでwktkしますw
○追記2:思い出した廃盤部品
ダストシールとオイルシールがくっつかないようにするために金属製のサークリップが間に入ってるんですが、それもない。再使用か代用品見つけてくるか。
・・・読み返してみると、「再使用」と「代用品を探す」が多く使われてますねぇwww再使用できるんやろか?代用品は見つかるんやろか?www