メモ

さよならアメリカ、さよなら中国内田樹の研究室
お金持ちに大量に触れて初めて気づいた8の共通点はてな匿名ダイアリー
上のブログでは

一円でも安ければそちらを買う、というのは、私の定義によれば「未成熟な消費者」ということになる。

下の匿名ダイアリーでは

100円で買えるものが150円で売っていたら、滅多なことでは払わない。

とある。この二項を同列に並べるのはまちがいなのかもしれませんが、下の引用文を上の引用文のように同じクオリティの商品であれば安いものを買うと解釈していた私にとって「安いものを買う」ことが未成熟な消費者が行うものだというのは衝撃でした。上のブログでの「未熟な消費者」ってのは「値段」というこれのみで消費を決めるということが未成熟ということ、その商品の詳細なクオリティや企画・製造・販売などに関わるバックボーンや自身の置かれた状況などなどその商品を構成する様々な要素を一切考慮することなく「値段」のみで決める、この行為が「未熟」ってことなんだろうかと思う。
まーでも、安いものが売れるんかなーと思ったり(;´∀`)